Project Description

CVDダイヤモンドの製造方法は、天然のダイヤモンドと同様の環境下を再現した高温高圧法(HPHT)と異なり、高温低圧法を採用しています。非常に低い圧力の真空チャンバー内で、炭化水素ガス(通常はメタン)と水素との加熱混合物からダイヤモンドを生成します。 “種”と呼ばれる薄いダイヤモンドの素から、少しづつ炭素を蒸着させていき、ゆっくりと成長させます。

現在では最大で10ct程度のものまで出来るようになりました。一方で、種の品質や圧力や温度、時間など様々な要件がまるで料理のレシピのように高品質なグレードを作る重要な要素であり、それらは合成ダイヤモンドメーカーの企業秘密となっています。私どもでは世界でもトップクラスの合成ダイヤモンドメーカーと提携して商品調達を行うようにしています。